Monthly Archive: 6月 2013

6月 24 2013

人や組織の問題を因果関係ダイヤグラムを使って解く

アイディエーション・インターナショナル社が開発した「プロブレム・フォーミュレーター」では、システムの状況を表現するために、システムの中の有益機能と有害機能とを因果関係でつないだ因果関係ダイヤグラムを作成することで、問題解 …

続きを読む »

6月 24 2013

「オペレータ」という曲者

「オペレータ」というと、一般には機械やコンピューターの操作者を意味します。 I-TRIZで「オペレータ」とは、問題解決に役立つ解決ヒントのことをいい、別名「発明パターン」ともいいます。 TRIZの知見によれば、過去になさ …

続きを読む »

6月 11 2013

論理的に思考し、かつ自由に発想する

I-TRIZは「論理的に思考し、かつ自由に発想する」仕組みを備えた方法論であるといえます。 I-TRIZの基本的な思考プロセスのうち論理的に思考する部分は、(1)システム階層(上位システム→システム→下位システム)、機能 …

続きを読む »

6月 07 2013

TRIZの中の創造性

以前にも話題にしましたが、「TRIZのどこが創造的なのか?」という問題について再考します。 TRIZは、アルトシュラーが世界中の20万件以上の特許を調査し、その中から発明の名に値する4万件の特許を選んで精査して築いた理論 …

続きを読む »