Monthly Archive: 8月 2011

8月 29 2011

TRIZと類比思考

その昔、創造性開発を専門としている先生から「TRIZのどこが創造的なのか?」という疑問が投げかけられたことがあります。 沢山の種類の問題解決手法からなる古典的TRIZを行うためのアルゴリズム(手順書)をARIZといいます …

続きを読む »

8月 16 2011

持続的イノベーションから破壊的イノベーションへ

イノベーションの語源は、1911年に、オーストリア出身の経済学者シュンペーターによって、著書『経済発展の理論』において初めて、物事の「新機軸」「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい活用法」を創造する行為のことであると定 …

続きを読む »

8月 11 2011

抽象的なヒントだけでは発明的問題には歯が立たない

抽象的なヒントとは、従来の創造技法でいえば「オズボーンのチェックリスト」のようなものをいいます。 「オズボーンのチェックリスト」では、アイデアを出すための切り口として、 (1)他に使い道はないか(転用) (2)他からアイ …

続きを読む »

8月 01 2011

TRIZの部分的使用の問題

依然に、TRIZの部分的使用について説明することを予告しながら未だ実行されていませんでしたので、今回はその説明をします。 実は、現在「TRIZ」という名称で表されているものは、当初アルトシュラーは「発明テクニック」といっ …

続きを読む »