Ideation TRIZの真髄を短時間で学ぶ - Video -
無料 VIDEOセミナー: Ideation TRIZ入門コース

Introduction of Ideation TRIZ

創造活動を思考テクニックで効率化するIdeation TRIZの入門セミナーです。短時間で、Ideation TRIZでなぜ結果が出せるようになるのかが分かります。技術開発、品質管理、知財管理、商品企画、事業経営などの分野の方々向け。



セミナー概要


当セミナーはビデオにてご覧いただけるようになりました。
ご視聴は無料です。登録も必要ありません。
目的 決められた時間の中で、計画的に、確実に創造活動をする。
しかも、そのアウトプットの質も数も、これまでの比ではない。


Ideation TRIZは、人間の様々な創造的活動で、繰り返し活用することができる「思考プロセス」を整理し、創造性を活性化・効率化する具体的な方法を提供しています。

この事実は、多くの方にはなかなか受け入れがたいことのようです。
事実を少しでも多くの方々に知っていただきたい。その一心から、当セミナーを無料公開します。

* Ideation TRIZ: 「アイディエーショントリーズ」と読んで下さい。
対象者
  • 研究開発に従事している方々
  • 製品の品質管理業務に従事している方々
  • 知財の戦略を立案する立場の方々
  • 事業戦略立案や新規製品開発で思うような結果が出せずにいる方々
  • 創造的業務を管理し、成果を上げたいと思っている経営者の方々

特に、次のよう方々の視聴をお待ちしています。
* Ideation TRIZがどのようなものなのかを知り、すぐにでも実践したい方
* Ideation TRIZとこれまでのTRIZ(古典的TRIZ)との違いを知りたい方
* 古典的TRIZを学習または実践した経験をお持ちで、その結果に満足していない方
内容
  1. Video 1: 18:11
    • Ideation TRIZとは
    • TRIZの歴史
    • 古典的TRIZとIdeation TRIZ(現代的TRIZの代表)
    [内容訂正]
    * 06分50秒~07分34秒, 10分03秒~12分04秒で表示されている1946年は1956年の誤りです。
    * ナレーションも、1946年と表現している箇所は1956年が正しい表現になります。
    (* 1946年は研究を開始した年で、1956年が論文を発表した年です。)
  2. Video 2: 10:54
    • アイディエーション・プロセスの概要
      1. 問題の状況把握(ISQ)
        • 対象事物の概要把握
        • 理想的な状態の設定
        • システム・アプローチ (System Approach)
        • 資源のリストアップ
        • 評価基準の設定
      2. 問題状況の分析とアイデア発想
        • プロブレム・フォーミュレーション
        • ブレーンストーミング
      3. 方策案のまとめ
      4. 結果の評価
    • ISQの詳細
  3. Video 3: 15:53
    • 問題状況の分析とアイデア発想
      • プロブレム・フォーミュレーション
      • 指針
      • オペレータ
      • イラスト
  4. Video 4: 09:00
    • 方策案のまとめ、結果の評価
    • Ideation TRIZの特長
    • 適用する発明レベル
    • Ideation TRIZの各種アプローチ
講師紹介 講師:木村浩二

木村 浩二

アイディエーション・ジャパン株式会社
シニアコンサルタント
認定I-TRIZプラクティショナ



Ideation TRIZ習得の
推奨学習ステップ

入門セミナーを受講した方は、その後にぜひ体験セミナー:技術開発力強化コースを受講して下さい。
技術開発力強化コースでは、Ideation TRIZの基本となるIPSを学びます。
* 体験セミナー:技術開発力強化コースを修了した方は、それぞれの専門分野の体験セミナーにお申込み下さい。
* 技術開発力強化コース修了後ないし各専門分野のコース修了後は、実践力を鍛えるために実践セミナーにお進みください。
* 実践セミナー修了後は、実問題に取り組んで、テクニックを自分のものとしていって下さい。
* テクニック習得と認定資格取得を目指す方は、認定コースに進んで下さい。