他社主催セミナー
強い特許を創出するための発明のヒアリング方法とまとめ方

Seminars of Other Company Sponsored

日本アイアール株式会社 NRIサイバーパテント株式会社 共催

グローバルな技術開発競争が熾烈を極めるなか、いわゆる「強い特許」を取得する重要性が益々高まっています。
特許担当者の皆さまは、自社の発明者から出てきた貴重な「発明の芽」を上手にヒアリングしつつ、的確に発明を展開・強化していく自信はありますか?
自信がないからといって、発明提案書を特許事務所にそのまま「丸投げ」して明細書を作成してもらうだけでは、いずれ知財部門の意義が問われることになりかねません。
企業として強い特許を生み出し続けるためには、自社の技術に精通した特許担当者自らが、発明を掘り下げ、展開・強化するための「技法」を習得して、価値の高い特許創出支援活動を継続的に実践していくことが必要ではないでしょうか?
本講座は、個人の勘や経験に頼りがちな「発明のヒアリング」(発明の聞き取り)という作業を、より論理的に行うためのポイントを習得して頂くことを目的としています。
特許担当者としての重要スキルのポイントを身に付けたい方は、この機会に是非ご参加ください。

この講座を受講するメリット

  1. 発明者に対し、的確で効果的なヒアリング(発明の聞き取り)を行なうことができるようになります。
    発明の本質を捉え、発明を発掘・展開することが可能となり、「強い特許」の創出に繋がります。
  2. 発明のヒアリング技術という個人スキルが確立します。単なる事務屋さんではなく、知財担当者として発明強化への有益なアドバイスが可能となり、発明者からの信頼度がアップします。
  3. 発明者から信頼される「価値の高い知財担当者」が増えると、知財部門の地位も上がります。
    (発明の源流から知財部が係わることで)社内でのイニシアチブがとりやすくなります。
日時 2016年2月10日(水) 10:00~16:50
会場 日本アイアール株式会社 本社会議室(東京 四谷三丁目駅 徒歩6分)
受講料 24,000円(税別)
講師 アイディエーション・ジャパン株式会社
取締役CTO 長谷川公彦
内容 1. 発明のヒアリングとは
2. 特許意識の啓蒙と種まき
3. 発明の本質の把握(上位概念化)
・発明の本質とは
・発明の四要素
・発明把握の3つアプローチ
・発明的なものの見方
4. 発明の本質の表現
・技術の言語的表現最小単位
・モノ、コトの概念定義
5. 発明をヒアリングする際のポイント
・問題の捉え方と原因追及
・問題の捉え方とアイディア
6. 発明の変形例、具体例の展開
・発明の展開の観点
・発明の種類を変えて展開する
7. ヒアリングした内容のまとめ方
・発明の全体像
・発明の論理的説明
・発明提案書の構成
8. 問題とは対立矛盾が存在する状況
9. 発明のヒアリングのシミュレーション(グループ演習)
習得知識
  1. パテントマップの基礎
  2. 研究開発に役立つパテントマップの作成方法
  3. 知的財産管理に役立つパテントマップの作成方法
  4. アイデア創出やR&D戦略、他社戦略分析等への活用方法
案内 主催者サイトはこちらです。
* 主催者に直接お申込み下さい。
主催者 日本アイアール株式会社





* 「認定セミナー」は、セミナー・ワークショップ一覧には表示していません。それぞれの案内ページにて日程をご確認下さい。

* 「他社主催セミナー」は、セミナー・ワークショップ一覧には表示していません。それぞれの案内ページにて日程をご確認下さい。