Category Archive: PF (Problem Formulation)

8月 28 2015

VEのアイデア発想に因果関係モデルを使用する

「製品やサービスの『価値』を、それが果たすべき『機能』とそのためにかける『コスト』との関係で把握し、システム化された手順によって『価値』の向上をはかる」(公益社団法人日本バリュー・エンジニアリング協会HPより)ための手法 …

続きを読む »

1月 04 2015

問題の種類によって異なるオペレータ・システム

I-TRIZでは、問題の種類に関係なく同じ思考プロセスをたどることで、問題の状況が因果関係のダイヤグラムで表現されるため、課題が明確になりその課題を実現するための方策を考えるためのヒントを入手できます。 研究者、技術者は …

続きを読む »

10月 09 2014

発明的問題解決(IPS:Inventive Problem Solving)のオペレータ

I-TRIZの基本ソフトであるIWB(Innovation WorkBench)には、異なる技術分野の先人の知恵をデータベース化したIPS(Inventive Problem Solving)用のオペレータ・システムが組 …

続きを読む »

8月 06 2014

TOC思考プロセスとアイディエーション・プロセス

人間は常に新しいものを求める本能があります。同時に、自らの痛みを伴う「好ましくないと思える」変化には激しく抵抗する生き物です。   この2つの願望は、人間の抱えている本質的な矛盾の一つです。   新し …

続きを読む »

4月 08 2014

オペレータを使って社内にI-TRIZを普及させる方法を考える(7)

「どうしたらTRIZを社内の研究者、技術者に普及できるだろうか」という問題をI-TRIZで簡単に解いてみる試みの7回目(最終回)です。 ここまでI-TRIZを使って簡単に問題解決をする方法として、「標準問題」のオペレータ …

続きを読む »

4月 02 2014

オペレータを使って社内にI-TRIZを普及させる方法を考える(6)

「どうしたらTRIZを社内の研究者、技術者に普及できるだろうか」という問題をI-TRIZで簡単に解いてみる試みの6回目です。 I-TRIZの基本ソフトウェアであるIWBの最初の「問題の情報把握」の工程には、「状況の要約」 …

続きを読む »

3月 31 2014

オペレータを使って社内にI-TRIZを普及させる方法を考える(5)

「どうしたらTRIZを社内の研究者、技術者に普及できるだろうか」という問題をI-TRIZで簡単に解いてみる試みの5回目です。 I-TRIZの基本ソフトウェアであるIWBの最初の「問題の情報把握」の工程には、「状況の要約」 …

続きを読む »

3月 26 2014

オペレータを使って社内にI-TRIZを普及させる方法を考える(4)

「どうしたらTRIZを社内の研究者、技術者に普及できるだろうか」という問題をI-TRIZで簡単に解いてみる試みの4回目です。 I-TRIZの基本ソフトウェアであるIWBの最初の「問題の情報把握」の工程には、「状況の要約」 …

続きを読む »

3月 25 2014

オペレータを使って社内にI-TRIZを普及させる方法を考える(3)

「どうしたらTRIZを社内の研究者、技術者に普及できるだろうか」という問題をI-TRIZで簡単に解いてみる試みの3回目です。 I-TRIZの基本ソフトウェアであるIWBの最初の「問題の情報把握」の工程には、「状況の要約」 …

続きを読む »

3月 20 2014

オペレータを使って社内にI-TRIZを普及させる方法を考える(2)

「どうしたらTRIZを社内の研究者、技術者に普及できるだろうか」という問題をI-TRIZで簡単に解いてみる試みの2回目です。 I-TRIZの基本ソフトウェアであるIWBの最初の「問題の情報把握」の工程には、「状況の要約」 …

続きを読む »

古い記事へ «