Category Archive: IBS (Ideation Brainstorming)

3月 15 2016

Ideationプロセスの「結果の評価」

IdeationTRIZ(I-TRIZ)は、アルトシューラの開発した古典的TRIZと違って、より実践的であって、解決コンセプトの実現可能性、信頼性、優位性を高める工夫がなされています。   解決コンセプトの実現 …

続きを読む »

2月 25 2016

Ideationプロセスの「プロジェクトの準備」

NPO法人日本TRIZ協会が毎年開催している「TRIZシンポジウム」(2016年度で12回目)の参加者アンケートの結果を見ても、たくさんあるTRIZのどの手法(技術的矛盾と発明原理、物理的矛盾と分離の原則、物質-場分析と …

続きを読む »

11月 26 2015

発明的問題解決(IPS)で使用される「オペレータ」と「革新ガイド」

I-TRIZを活用されている方々から、アイディエーション社の発明的問題解決(IPS:Inventive Problem Solving)で使用される「オペレータ」というツールは、表現が抽象的でわかりにくいというご指摘をい …

続きを読む »

9月 07 2015

必要性の存在と、その必要性を満たす方法の存在

I-TRIZでは、問題状況の全体を把握する目的で、様々な観点から対象システムを分析する「システムアプローチ」という手法を使います。 システムアプローチでは、(1)システム、システムの構成要素である下位システム、およびシス …

続きを読む »

4月 09 2015

資源の使い方

理想性の高い解決策を得るには、最低限のコストで目的とする機能を実現することが必要です。そのためには、問題を抱えたシステムあるいはその周辺で適切な資源を見つけなければなりません。   TRIZで資源とは、問題を解 …

続きを読む »

3月 17 2015

思い込み、先入観、固定概念を壊す方法(その1)

思い込み、先入観、固定概念のことをTRIZでは心理的惰性といいます。 I-TRIZ(Ideation TRIZ)では、心理的惰性を壊す方法としていくつかのツールを用意しています。 最初に、「視点の転換」という方法を紹介し …

続きを読む »

1月 23 2015

オペレータを使いこなす極意

技術的問題を解決するために採用されるIPS(Inventive Problem Solving:発明的問題解決)ソフトウェア(ソフトウェアの名称はIWB(Innovation WorkBench®)という。)には組み込ま …

続きを読む »

1月 04 2015

問題の種類によって異なるオペレータ・システム

I-TRIZでは、問題の種類に関係なく同じ思考プロセスをたどることで、問題の状況が因果関係のダイヤグラムで表現されるため、課題が明確になりその課題を実現するための方策を考えるためのヒントを入手できます。 研究者、技術者は …

続きを読む »

10月 09 2014

発明的問題解決(IPS:Inventive Problem Solving)のオペレータ

I-TRIZの基本ソフトであるIWB(Innovation WorkBench)には、異なる技術分野の先人の知恵をデータベース化したIPS(Inventive Problem Solving)用のオペレータ・システムが組 …

続きを読む »

8月 06 2014

TOC思考プロセスとアイディエーション・プロセス

人間は常に新しいものを求める本能があります。同時に、自らの痛みを伴う「好ましくないと思える」変化には激しく抵抗する生き物です。   この2つの願望は、人間の抱えている本質的な矛盾の一つです。   新し …

続きを読む »

古い記事へ «