Category Archive: テーマ

4月 12 2016

「要素間の対応と非対応」の進化のライン

システムが進化する過程では性能を向上させ、あるいは、不都合な現象を回避する目的でシステムの諸要素、諸特性相互を対応させるおよび/または対応しないようにさせるということが何度も繰り返されます。   このプロセスは …

続きを読む »

4月 11 2016

「柔軟性と制御性の増加」の進化のライン

技術システムは進化するにつれて柔軟性が増して使いやすく(制御性が高く)なってゆきます。   言い換えれば、システムは様々な矛盾する状況や環境の要請によりよく対応することができるようになってゆきます。 &nbsp …

続きを読む »

4月 08 2016

システムの理想性を高める進化のライン-(3)有用性と不都合な要因との相互関係の好転

今回は「理想性の向上」という進化のパターンに関連した進化のラインとして、「(3)有用性と不都合な要因との相互関係の好転」のラインについて説明します。   「(3)有用性と不都合な要因との相互関係の好転」の進化の …

続きを読む »

4月 07 2016

システムの理想性を高める進化のライン-(2)システムに含まれる不都合な要因の減少

今回は「理想性の向上」という進化のパターンに関連した進化のラインとして、「(2)システムに含まれる不都合な要因の減少」のラインについて説明します。   「(2)システムに含まれる不都合な要因の減少」の進化のライ …

続きを読む »

4月 06 2016

システムの理想性を高める進化のライン-(1)システムの有用性の増加

システムは理想性の向上する方向へ向けて進化します。システムの理想性は、そのシステムが持つあらゆる有用な特性の合計を、そのシステムに含まれるすべての有害な(あるいは、望ましくない)要因の合計で割った比率で表されます。 &n …

続きを読む »

4月 05 2016

トヨタの「主査制度(チーフエンジニア制度)」

トヨタが儲かっている最大の理由は、運転資金を最小化する「トヨタ生産方式」ではなく、製品開発部門が売れる商品を市場に投入できる「リーン製品開発方式」にあるといわれています。   「リーン製品開発方式」には、構想段 …

続きを読む »

4月 01 2016

特定的な進化のライン

米国のアイディエーション・インターナショナル社が制作したDirected Evolutionソフトウェアでは、「特定的な進化のライン」には、(1)消費財の進化、(2)システムの歴史における市場の変化、(3)計測システムの …

続きを読む »

3月 31 2016

「消費財の進化」の「製品の進化」のトレンド

製品の歴史の中で長い期間、使いやすさについて配慮がなされることはほとんどありませんでした。博物館に展示されている古代の衣服、家具や住居の生活環境を見ればこれは明らかです。生活を少しでも便利にしようとする発明(たとえば、や …

続きを読む »

3月 29 2016

「消費財の進化」の「市場の進化」のトレンド

消費財市場の進化の主な特徴は以下の通りです。 (1)現代は新商品を市場に導入することを難しくしていた一般的な障害は以前に比べてはるかに小さくなっています。結果として、全く予想しない新しい競争相手がどこかから(外国から、他 …

続きを読む »

3月 28 2016

「消費財の進化」の「生活の進化」のトレンド

進化のラインには、システムの基本的な要素である「機能」「プロセス」「物質」「エネルギー=場」「構造」がそれぞれ進化してゆく過程で働いているライン(これを「一般的な進化のライン」という)と、特定の分野に限定された進化のライ …

続きを読む »

古い記事へ «