ワークショップ: 研究開発
次世代商品の開発テーマの発見と評価(パテント、マーケットマップ)

RESEARCH and DEVELOPMENT

既存商品の潜在ニーズを捉える方法から、システムの理想性を追求して、次世代の新商品のテーマを発見する方法までを学びます。



ワークショップの案内

新商品開発といえば、
顧客の声を聞くこと、
顧客の行動を観察すること、
顧客のニーズをつかむこと、
が大切であるといいます。

顕在しているニーズではなく、
未だ顕在していない潜在ニーズに応える
新商品の開発をすべきであるといわれます。

新商品開発というと、
とかく、目的より手段の方にのみ関心が向いてしまい、
まったく新しい手段を考え出すことに注力しています。

しかし、
課題が新しくない場合には、
技術開発競争の世界があるだけですので、
いつかは過当競争の中に巻き込まれる、
いわゆるレッド・オーシャンの世界です。

現代版TRIZには、
既存の商品の不便さに着目することで
身近な新しい課題を見つける方法から、
今のシステムを
新しい世代のシステムへと進化させる企画の立案作業を
支援するための
戦略的進化(DE:Directed Evolution)のように、
技術や社会の進化のパターンを
広く深くかつ詳細に適用して、
対象とするシステムの今後の発展の可能性を
体系的、網羅的に検討し、
システムの将来像とその途上で克服すべき課題を明らかにする方法まで、
幅広いツールが用意されています。

このワークショップでは、
既存の商品についての潜在ニーズを捉える方法から、
システムの理想性を追求する概念を使った、
次世代の新商品についてのテーマを発見する方法までを学びます。

ワークショップ概要

対象者 商品企画者、研究者、開発者、設計者
内容 1.潜在ニーズの種類と探し方
 (1)潜在的ニーズのアンケート
 (2)潜在的ニーズの種類
 (3)潜在的ニーズの探し方
2.新しいテーマ(課題)のある場所
 (1)新しい課題とその発見ツール
 (2)問題解決の目的による問題の種類
 (3)習慣的な不便さがある場所
 (4)不正確な問題説明文
 (5)隠れた機会
 (6)理想性の追求
3.商品・サービスの進化の諸段階
 (1)Sカーブと進化の諸段階
 (2)技術進化の一般的シナリオ
 (3)進化パターン、ラインの利用
 (4)進化パターン、ラインの適用事例
4.課題の変遷の事例
 (1)電動歯ブラシの課題の変遷
 (2)課題変遷分析
 (3)課題を分類するためのキーワード一覧
5.機会を見つけて課題を発見する手法
 (1)機会を発見するシステムアプローチ
 (2)利用可能な資源の種類
 (3)産業視点から研究開発テーマに落とす
 (4)大型ビジョン事業のSWOT分析例
6.現状回復か未来創造か
 (1)問題の根本原因分析
 (2)大型ビジョンの目的展開例
 (3)課題を評価する
7.演習問題
 (1)芝刈り機の検討
日程 当ワークショップは、お客様からのご要望に合わせて開催日を決定します。
開催をご希望の方は、お申込みフォームからその旨ご連絡下さい。
会場 アイディエーション・ジャパン株式会社 セミナールーム
〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町19-7 日本橋TCビル 1階
地図はこちら
講師紹介 講師:長谷川公彦

長谷川 公彦

アイディエーション・ジャパン株式会社 取締役 CTO
一般社団法人発明推進協会 知的財産アドバイザー
I-TRIZスペシャリスト
TOCICO認定ジョナ

受講料 27,500円(税別)/1名様
お申込みフォーム
Directed Evolutionキャンペーン'




* 「認定セミナー」は、セミナー・ワークショップ一覧には表示していません。それぞれの案内ページにて日程をご確認下さい。

* 「他社主催セミナー」は、セミナー・ワークショップ一覧には表示していません。それぞれの案内ページにて日程をご確認下さい。