ワークショップ: 知的財産

INTELLECTUAL PROPERTY

特許回避、発明強化を実現する「知的財産制御法」

対象特許を回避して、同等以上の効果を奏する新しい発明を創出することで、他社に対して強力な特許網を構築する方法を学びます。

ワークショップの案内



多くの企業は
「知財戦略」を構築しているとしても、
その「知財戦略」に沿った
開発・知財活動を実行できていないようです。

その結果、
技術者から提案された発明を予算が許す限り、
場当たり的に出願することとなります。

それでは
いくらお金と時間を使っても、
自社に優位となる特許網を構築することはできません。

また、
費用と時間をかけて取得した特許が
他社に簡単に代替、改良、回避されてしまうことも多いはずです。

このワークショップでは、
対象特許を回避して、
同等またはより優れた効果を奏することができる
幾つかの新しい発明を創出することにより、
他社特許の威力を弱め
より自由に生産活動を展開するための方法と、
創出された発明について
代替、改良、拡張する幾つかの新しい発明を創出することにより、
他社に対して強力な特許網を構築する方法とを、学びます。

ワークショップ概要

対象者 研究者、開発者、設計者、知財担当者
内容 1.知的財産制御という発想
 (1)私たちは何を行うべきか
 (2)私たちはどのように行うか
 (3)発明創出、発明強化、特許回避
2.特許プロセスの改善
 (1)一般的な特許プロセス
 (2)新しい特許プロセス
3.発明の評価
 (1)発明評価の効用
 (2)発明評価の項目
4.特許回避とは
 (1)特許回避の手順
 (2)発明の見える化(因果関係モデル)
5.特許回避のための推奨と実践
 (1)要素除去、迂回設計のための推奨
 (2)特許回避の事例
6.発明強化とは
 (1)発明強化の手順
 (2)当初の発明の見える化
 (3)不具合予測
 (4)予測後の発明の見える化
 (5)発明強化の事例
7.問題解決と理想性
 (1)有益機能の増加
 (2)有害機能の減少、排除
 (3)矛盾の解決
8.発明強化のための推奨と実践
 (1)理想性を高めるための推奨
 (2)革新的に改変するための推奨
 (3)結果の評価
9.演習問題
 (1)特許回避、発明強化の演習
日程 当ワークショップは、お客様からのご要望に合わせて開催日を決定します。
開催をご希望の方は、お申込みフォームからその旨ご連絡下さい。
会場 アイディエーション・ジャパン株式会社 セミナールーム
〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町19-7 日本橋TCビル 1階
地図はこちら
講師紹介 講師:長谷川公彦

長谷川 公彦

アイディエーション・ジャパン株式会社 取締役 CTO
一般社団法人発明推進協会 知的財産アドバイザー
I-TRIZスペシャリスト
TOCICO認定ジョナ

受講料 - 円(税別)/1名様
お申込みフォーム